2007年03月15日

GLASGOW★

こないだの土曜はstirlingよりも都会的で、観光スポットにもなっているglasgowに日帰りで行ってきましたるんるん

この町は、こことは違って、高いビルがあります。
何週間ぶりだろ〜exclamation&question5階建て以上のビル見るなんて!!笑
第一印象、そんな感じです。。
スコットランドにもこんなところがあるのかと驚きでしたー(長音記号2)羊と荒地だらけの暮らしにもはや馴染んでしまった!ひらめき
写真はうちの寮の外観とそばに咲く水仙、グラスゴーのストリートミュージシャン!!笑 伝統音楽のバグパイプです!

P3110073.JPGP310009.JPGP310001.JPG


なかでも、感動的だったのは、マッキントッシュのアートの数々。
Glasgow School of Art と、 Mackintosh House はもう最高でしたよ!!マッキントッシュって日本でどれくらい有名なのか知らないけど、すっごく素敵な芸術家です!!

バラの花と女の人のモチーフが多くて、すごくフェミニンな作品が多いんだけど、実はものすごく日本好きで、日本の文化に影響を受けてる人なのexclamation×2

絵だけじゃなくて、建築もやってた人で、このSchool of Artも、すべて彼の建築によるものです。
P3100006.JPG
木造で、ヨーロッパではめったに見られない柱がなかの中央にありますぴかぴか(新しい)これは、日本の木造建築の影響で、大黒柱や梁があってすごかったー!
絵でも、あたしが一番気に入ったやつで日本の着物の花柄みたいのがあって、素敵でしたかわいい
そして、独特の直線と曲線を組み合わせた家具も素敵。こんなものに囲まれてすみたい〜と思ってしまいましたわーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)

でも何がすごいって、この学校、本当に今現在も学校として使われてるの。博物館じゃないってところに魅力があると思うなーるんるん



そして、Mackintosh House は、University of Glasgowのそばにあって、彼の作品を集めておうちのように展示して再現してある空間です。ここのほうがあたしは好きでしたひらめき彼の作品がほんとに間近で見れるんだもん!!しかも、かなり使い込まれてる革張りのいすとかもあって、この世界に吸い込まれそうだったー(長音記号1)


そんでもって極めつけは、Willow Tea Room。ここでは、彼の作品に囲まれて、実際にデザインされたテーブルやいすに座ってゆっくり高貴な時間が味わえます。こういう店って雰囲気重視だから、高かったり、味おいしくなかったりするのが普通だけど、ここは手ごろな値段でおいしいtea&cakeが味わえます!!
このアップルパイもおいしかった黒ハートエスプレッソとセットで1000円くらいならまぁいいでしょう。日本でもケーキセット700円くらいするもんexclamation
P3110070.JPG

こんな感じで、ほとんどMackintoshづけな一日でしたグッド(上向き矢印)こっち来る機会が会ったらぜひとも行くべし!!!


そのほかは、ハリーポッターの舞台なのではと疑惑のでるほど雰囲気のあるグラスゴー大学と、子供づれが一日遊べると評判の博物館に行ったよ手(チョキ)大学はスターリングとは比べ物にならないほど歴史的重みのある建物でかっこよかった。

P3100022.JPGP3100031.JPGP3100036.JPG

博物館は、中はほとんど見ず、スパイーダーマンの彼と遊んだのが一番面白かったわーい(嬉しい顔)
写真は博物館の面白かったやつと、一緒に行った男の子が坊やの攻撃に見事にやられて倒れこんでるシーンぴかぴか(新しい)

P3110043.JPGP3110062.JPG
写真もっと撮ったけど載せらんないから、日本帰ったとき見せますね〜
posted by じぇしか at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。